ユマトニック
yumatonic

WMJ総合プロデューサー / シンガー
仙台出身・バグダッド(イラク)・ アブダビ(アラブ首長国連邦)で美しい色彩や悠久の歴史からくる文化、グローバルな人種・宗教観に包まれて育つ。外資系通信・金融機関にて、営業、マネージメント職など15年以上勤務するかたわら、みずからもシンガーとして2000年より活動し、東京ビルボードからニューヨークのアポロシアターまで幅広く出演。それまでに培った豊かな人脈や経験を総合してプロデュース活動も手がけ、2016年より開催している『和 Meets JAZZ』では、異なる文化に架け橋をかけて新しい価値観を創造し、平和の輪を広げていくことを信念としている。

WMJ Chief Producer / Singer
Born in Sendai, Grew up in Baghdad (Iraq), Abu Dhabi (United Arab Emirates), where surrounded with beautiful culture coming from eternal history, along with a global race / religion.Worked for sales and management positions at international organization, including a singing career for over 15 years since 2000 from Tokyo Billboard to the Apollo Theater in New York.At this “WA-Meets-JAZZ" festival started since 2016, she works as a chief producer to make various “bridges” between different cultures to create a new sense of values to expand the circle of peace.

ユキ・アリマサ
Arimasa Yuki

ジャズピアニスト / WMJ総合音楽ディレクター
3歳よりピアノを習い始め12歳でジャズピアニスト、オスカーピーターソンの演奏を聴き、Jazzに魅了され以降独学で勉強を始める。1983年玉川大学英文科卒業後渡米、バークリー音楽大学でピアノ、作編曲を学ぶ。
在学中はピアニスト/アレンジャーとしてハンクジョーンズ賞、デュークエリントン賞を受賞。
1986年卒業後バークリー大学ピアノ科助教授として指導にあたる。現在、洗足学園音楽大学ジャズコース教授として後進育成に注力。最新作は、クラシックの楽曲を即興演奏の素材にしたソロアルバム[Dimensions]。

Jazz Pianist / WMJ Chief Music Director
Started Jazz music self-taught as when he first listened to Jazz at the age of 10.
As his passion grows, he went to Berklee College of Music to receive formal training in Jazz.
After graduating he taught Jazz Piano at Berklee for 8 years.
This experience of teaching students from all over the world gave him a perspective in Jazz education, so he continues to carry into his current activities in Senzoku College of Music as a professor.
In 2016, he founded, "Artist Green", an organization to become a communicational, educational platform for musicians from all over the world.

ギラ・ジルカ
Geila Zilkha

ジャズシンガー
イスラエル人の父と日本人の母を持ち、神戸で生まれ育つ。
神戸のインターナショナルスクール卒業後、バークリー音楽大学に留学。
2010年「第11回神戸ジャズ・ヴォーカル・クイーンコンテスト」でグランプリを受賞。
同年に自身初となるソロアルバム『all Me』をリリースし、ジャズ専門誌を始め一般紙や新聞でも大きく取り上げられた。
その後も、2011年にセカンドアルバム『appearance』、2013年に【SOLO-DUO ギラ・ジルカ&矢幅歩】としてミニアルバム『breathing』、サードアルバム『Day Dreaming』をリリース。ジャズにパワー溢れるソウルフルなエッセンスを加えたヴォーカルは聴く人を楽しく癒す。
現在、歌の指導を精神面からリードする「Vocal Workshop Live」を展開中。洗足学園音楽大学でジャズ・ヴォーカルの講師も務めている。

Jazz Singer
Born and raised in Kobe to an Israeli father and Japanese mother, Geila attended the international school Canadian Academy from kindergarten through high school and is fluent in both English and Japanese.
Also a graduate from Berklee. In 2010, she earned the Grand-Prix title for the annual Kobe Jazz Vocal Queen Contest. In October of the same year, she released her first solo album, all Me, which surprisingly became a megahit among jazz audiences.
Her soulful essense added to her jazz voicing surely ease all audiences.
Currently, Geila provides singing workshops which delovep from mental aspect, and also teaches jazz vocals at Senzoku Gakuen College of Music on a regular basis.

ケイレブ・ジェイムス
Kaleb James

キーボード/ヴォーカル/プロデューサー
ニューヨーク州クイーンズ生まれ。
ミュージシャンのいる家庭環境を持ち、10代の頃からプロのキーボード奏者/ボーカリストとして活躍し、Lenny Kravitz、 Nathan East、 Larry Calton、 Macy Gray、 Oliver 数多くの有名アーティストと共演する経験を持つ。
Kaleb はアジアにおいてもSMAP、Coco Lee、AI、Misia、AK-69、トータス松本等、有名アーティストと共演している。
自身のRock/Soul/Jazz band、Dark Matterの“Everything Matters”が最新アルバムとなっている。

KEYS/VOCALS/PRODUCER
Kaleb was born and raised in Queens, New York. He began performing professionally in his early teens and since, has performed as keyboardist and/or vocalist for a diverse list of artists, including: Lenny Kravitz, Nathan East, LarryCarlton, Macy Gray, Oliver Lake, Judith Hill, Fred Wesley and the JB’s and Elisha LaVerne.
Kaleb has also performed with Asian superstars, such as J-pop idols SMAP, R&B diva Coco Lee, R&B queen Ai, popstar Misia, hip hop artist AK-69 and rock/ pop singer Tortoise Matsumoto, etc. Kaleb's latest original composition album is with his rock/soul/jazz band Dark Matter entitled, “Everything Matters”.

神田さおり
Saori Kanda

踊絵師 / アートディレクター
幼い頃、バグダッド ( イラク ) とドバイ ( アラブ首長国連邦 ) にて育ち 世界のうつくしさと共に日本への憧憬を強烈に体験する。
”LIFE PAINTING” と銘打たれたアートパフォーマンスでは、躯全部で音楽の波を感じとり大画面を踊る様に描き上げる。
生き物の様に変化し続ける画面は、描かれては壊されまた産まれ、自由奔放な命がほとばしる。描いている肉体自ら絵の一部となり、空間を満たすパフォーマンスに世界中から出演オファーが集まっている。
近年は NISSAN カレンダーアートワークをはじめ、FUJIROCK 出演、VIVIENNETAM コラボドレスを VOGUE Nightにて発表、Dragon Ash [ Lily ] MV 出演、与論島満月のアートイベント「月酔祭」オーガナイズ、香港&台湾&カザフスタンでの個展、アメリカの野外ステージ [RED ROCKS] にて伝説的サイケデリックアーティスト Shpongle とのセッション、中之条ビエンナーレ参加作家として四万温泉天井画制作など多岐に渡る創作活動を行う。

Life Painting Artist / Art Director
She grew up in Baghdad (Iraq ) and in Dubai (UAE) in her childhood.
This experience gave her a great opportunity to see the beauty of the world as well as a strong sense of longing for Japan.
"LIFE PAINTING" is her form of ART.
She uses her entire body to feel the waves of music and draw her unique piece of art on a large screen while she dances. She breathes a life into the screen. Her work grows and becomes lled with freewheeling spirits by experiencing the cycle of destruction and rebirth. Offers come from all over the world.
She won the Award for A'DESIGN AWRD (Milan Italy)Graphics and Visual Communication Design w/ NISSAN Calendar artworks, performances at FUJI ROCK FESTIVAL, RED ROCKS(U.S.A) w/SHPONGLE, art performance on Japanese famous Rockband"Dragon Ash" music video “Lily”, Fashion corroboration w/VIVIENNETAM&gold sign by Adriano Goldshmied.
Life Paint tour all over the world, and her latestbeatiful works, the ceiling paint for the Spa in SHIMA Hot Spring as an artist of NAKANOJO ART BIENNALE.

EMILY

鹿児島県出身、ジャズシンガー、ピアノ弾き語りシンガーソングライターを主に、東京・神戸・九州で活動。
鹿児島 天文館で両親が26年間続けてきたジャズライブハウス「 ジャズスポット リレット」を引き継ぎ、現在家族で運営、ボーカル&ピアノを担当している。
2014 鹿児島県 本場大島紬クイーン
ラジオDJやイベント司会、CMナレーション等も務める。
鹿児島弁で日本の名曲を歌うデュエット「おごじょ~ず」をプロデュースし、鹿児島の魅力を県内外に伝えるため、「大島紬」の着物を自ら着付けて歌っている。

Born in Kagoshima Prefecture, Jazz Singer, Acting mainly as a singer-songwriter by playing piano, in Tokyo, Kobe, Kyushu. Taking over the jazz live house "Jazz Spot Lileth" from her parents in Kagoshima Tenmonkan with more than 26 years of history, currently managed by the family, and is in charge of vocals & pianos. In 2014, she won the Kagoshima-ken Ohshima Tsumugi Queen. Also working as a radio DJ, event choreographer, CM narration etc. Produced a duet "Ogojo-zu(おごじょ〜ず)" to sing Japanese famous songs in Kagoshima dialect, In order to deliver the charm of Kagoshima inside and outside the prefecture, she is singing by dressing herself up with "Oshima Tsumugi" Kimono.

前田鎌利
Kamari Maeda

書家
1973年福井県生まれ。東京学芸大学 書道科卒業 後、独立書家として歩む。
Softbank「志高く」JAXA「こうのとり」Jリーグ 「絶対突破」、重要文化財 旧小坂邸襖書「花鳥 風月」など多数の作品を手がける一方、国宝 彦根城などでのライブパフォーマンスをはじめNY、台湾など国内外にて展開している。
また未来へ日本文化を継いでいく活動として全国15カ所で書道塾「継未-TUGUMI-」を主催。600 名を超える生徒へ日々書を通じた内観することの 重要性を伝えている。

Calligrapher
Born in Fukui Prefecture in 1973. After graduating from calligraphy department of Tokyo Gakugei University, he started his carrier as an independent caliigrapher.
His outstanding works are seen at Softbank "kokorozashi takaku"「志高く」, JAXA "kounotori"「こうのとり」, JLEAGUE "zettai toppa"「絶対突破」, Old Kosaka House (the important cultural property)'s sliding door drawing "kachou fugetsu"「花鳥風月」and the live performances at Hikone Castle(the national treasure), New York, Taiwan and more.
He also organizes 15 calligraphy schools called "継未 - TUGUMI -" all over Japan. It conveys the importance of self-observation through calligraphy to over 600 students.

武楽ー源光士郎
BUGAKU - Koshiro Minamoto

■ 武楽(Bugaku)とは
<武道×伝統芸能のサムライアート>
「武の美」を主題に、当時の武士が実際に稽古した古武術や、武士の嗜みであった能や茶の湯などの武士文化を融合させ再構成し、琵琶や筝・鼓・笛・和太鼓といった和楽器の演奏とを組み合わせた、確かな日本の伝統文化にも基づきつつ革新性と独自性を持った、ダイナミックでスタイリッシュな文化芸術です。

■ 「武楽座」代表 : 源 光士郎 プロフィール
「武楽」創始家元。2006年に「武楽座」を旗揚げ、「武の美」を提唱。
2016年「東久邇宮文化褒賞」(文化貢献)、2017年「東久邇宮記念賞」(知的創造)受賞。
人間国宝 大倉正之助師と一対一で演じ高い評価を得た「日伊国交150周年記念オペラガラコンサート」オープニングセレモニーや、増上寺徳川家康公400回忌奉納演武、震災復興支援イベントのほか、各地の寺社や能楽堂、「フジロックフェスティバル2009」等に出演。
国外でも、世界遺産フィレンツェでの「日本映画祭」サンタ・クローチェ聖堂をはじめ、パリ、ロンドン、ローマ、ベルリン、ブリュッセル、エルサレム、上海、台湾、ブラジルなど、世界各国で公演を行い、日本の武士道の「美しい強さ」と「和を尊ぶ心」を世界に向かって発信し続けている。

■ BUGAKU(武楽) <Martial Arts × Traditional Samurai Sprit>
Based on the theme of "Beauty of Samurai" is to combine the old martial arts and the samurai culture such as Noh and tea ceremony, as well as Japanese instruments like "biwa", Japanese drums etc.. It is a dynamic and stylish culture with innovation and originality based on a certain Japanese tradition.

■ 「BUGAKUZA(武楽座」Representative : Koshiro Minamoto
Founder of "Bugaku". In 2016 "Higashikuninomiya Cultural Award" (Cultural Contribution), 2017 "Higashikuninomiya Memorial Prize" (Intellectual Creation) received.
Outstanding presence at the opening ceremony "Japan-Italy Diplomatic Memorial 150th Anniversary Opera Gala Concert" which gained a high reputation together with the human national treasure Shonosuke Okura, the Tokugawa Ieyasu 400th anniversary performance at Zojoji, the earthquake disaster recovery support events, and "Fuji Rock Festival 2009", etc.
His activity reaches out to the world, including the "Japan Film Festival" at the World Heritage Florence in Santa Croce, including Paris, London, Rome, Berlin, Brussels, Jerusalem, Shanghai, Taiwan and Brazil, which disseminate "beautiful strength" and "peaceful mind of harmony" toward the world.


【Official Website】http://www.bugaku.net/

原朋直
Tomonao Hara

音楽家、ジャズ・トランペット奏者、作曲家、教育者
1990年代、日本ジャズ界に巻き起こった若手ミュージシャンによる一大ムーブメントの先頭に立ち活躍。
1996年の初単独リーダー作『Evidence for My Music 』以来、多数のアルバムを発表。その他数多くの作品に参加する。現在、国内外のジャズ・シーンで活躍中。
また、テレビ番組『情熱大陸』で活躍が紹介され話題となった他、北野武監督の映画『ブラザー』やNHK-BS『ワールドニュース』のオープニング・テーマの演奏、ヤマハのCMへの出演及び楽曲の提供、『題名のない音楽会』への出演など、活動の場は広い。
海外のトップ・アーティストとの共演も多く、アメリカ、ヨーロッパ、アジアのジャズ・イベントにも多数出演する。
最新リーダー・アルバムは、原朋直カルテット『Color As It Is』(Gaumy jam Records 2015年)
洗足学園音楽大学教授

Musician, jazz trumpeter, composer, educator
1990s, worked at the forefront of a major movement by young musicians in Japan jazz world. Since his first single leader album in 1996, "Evidence for My Music", published a number of albums, and participated in many other projects.Currently, active in the jazz scene in Japan and overseas.
In addition, actively appears in the TV show "Jonetsu Tairiku", opening theme song of NHK-BS "World News"..., the activities in the wide fields.
Works with top international artists, as well as many jazz festivals in the U.S., Europe, and Asia. His latest leader album, Tomonao Hara Quartet "Color As It Is" (Gaumy jam Records 2015 years) Professor, Senzoku Gakuen College of Music

ドゥードゥルバグズ・ビッグ・バンド
Doodlebug's Big Band

学生時代、「自分達が好きな音楽を演奏するために、自分達でビッグバンドを結成してしまおう」 の一言をきっかけに、ピアニストでリーダーでもある上浪瑳耶香を中心に、 洗足学園音楽大学出身のメンバーで結成されたバンド。
メンバーがビッグバンドの作編曲も行うため、メンバーのオリジナルを中心に演奏し、"様々なカラーのあるバンド"をコンセプトにしている。
学生時代から今にいたるまで、ジャズピアニストのユキ•アリマサ氏に指導を仰ぎ、2013年にはチャリティーライブで、ジャズヴォーカルのCHAKAや、ジャズトランペッターの原朋直と共演、昨年のWMJ2016にも出演し好評を博す。
現在はワンマンライブに向けて活動中。

Doodlebug's Big Band&Bug's Brass Band is comprised of Senzoku Gakuen College of Music graduates. Composed by themselves, and instructed by Yuki Arimasa, the Jazz Pianist.
Many presence at Charity concerts, Jazz Festivals, and currently working on their own live performance.

府中ジュニアジャズスクール
Fuchu Junior Jazz School

日本を代表するジャズクラリネットプレイヤー谷口英治氏ほか、専門講師陣の指導によるジュニア世代のためのジャズ専門スクール。
府中をベースに、本物のジャズにふれあい、楽しく学べるクラスを提供。
トランペット、トロンボーン、サックス、クラリネット、ベース、ピアノ、ドラムス、などが学べる。
通常レッスンのほか、講義、公開レッスン、府中市青少年音楽祭出演(レギュラークラスのみ)、JAZZinFUCHU出演、卒業演奏会等、さまざまなイベントへの参加をとおして、音楽の楽しさや成果を体感できる工夫が随所にちりばめられている。

The Jazz School for the junior generation by the guidance of professional teachers like a Jazz clarinet player, Eiji Taniguchi.
Based in Fuchu area, touching a real jazz, and providing a class to learn with lots of fun.
You can learn various instruments, i.e. trumpet, trombone, saxophone, clarinet, bass, piano, drums etc.
In addition to the normal lessons, lectures, public lessons, Fuchu Youth Music Festival (regular classes only), JAZZinFUCHU, graduation concert, etc., through participation in various events, they provide tips of making fun and achievements of music all over.


出演:府中ジュニアジャズスクール8期生

NPO法人ザ・グローバル・ファミリーズ
The Global Families

NPO法人ザ・グローバル。ファミリーズは、異文化ファミリー同士の家族単位マッチングサービス(グローバルおさんぽ)や、家族参加型の国際交流イベント(グローバルファミリーイベント)を通して、おとなも子どもも一緒に異文化多言語交流できる機会を提供する特定非営利活動法人です。

The Global Families (TGF) is a Non-profit organization that provides opportunities for families with young children in Japan to get connected to each other.

石川由佳
Yuka Ishikawa

茶道家
裏千家茶道 準教授・石川宗佳
粋香流日本舞踊 師範・粋香麗桃
都内を中心に、茶道・日本舞踊のパフォーマンスや指導を行う。
「自由」と「明朗」、日本文化全般の本質である「究極の自然体」をテーマに、独自のセンスで国内外に展開している。

Japanese tea master, Urasen-ke Associate Professor, Suikou-ryu Nihonbuyo(Classical Japanese dance) master Hosting SADO(tea ceremony)workshop, and performing Classical Japanese dance mainly in Tokyo with the theme of [Extreme Nature] which consists of Japanese Culture.

榊麻美植物研究所
Asami Sakaki's Botanical Lavolatory

盆栽アーティスト
2016年春より榊麻美植物研究所を立ち上げ、「植物を学ぶ・飾る・贈る・診る」を軸に植物達の魅力を伝えるための活動を行っている。

BONSAI ARTIST
Founded SAKAKI ASAMI SHOKUBUTSU KENKYUJO(SAKAKI ASAMI's Botanical Lavolatory) in 2016.
Her activities contribute to deliver the charm of plants through Learning, Decorating, Presenting, Giving and Exploring plants.

MEDAA(Yuko Akiyama)

MEDAA, YUKO AKIYAMAによるドレスブランド。
平面の布が立体的な洋服にになる事に興味をもち、専門学校でオートクチュールの技術を学び、ブランドを立ち上げる。
展示会やファッションショーで新作を発表するとともにCMや雑誌などへの衣装提供など精力的に活動中。
今回は着物地を使ったドレスや小物の展示をおこないます。

MEDAA, Dress brand by YUKO AKIYAMA.
First interested in flat “kimono” cloth transforming into three dimensional clothes, learned haute couture technology at vocational school, then launched own brand.
Releasing new works at many exhibitions and fashion shows, and actively providing costumes to commercials and magazines.
At WMJ2017, featuring her dresses and accessories using kimono as an exhibition.

酒井エレナ
Elena Sakai

ラジオDJ、MC、通訳・翻訳家
フィリピンと日本のダブルとして生まれ、カナダ、アメリカで9歳まで過ごす。
幼少期よりクラシックから洋楽ポップスまで、幅広いジャンルの音楽に触れて育ち、学生時代はシンガーソングライターとして活動しながらライブ活動を行った。
最近はブラジル音楽に魅せられ、ボサホヴァのギターを弾き語りの修行中。

Radio DJ, MC, Interpreter and Translator
Born as half Filipino and Japanese, Elena stayed in Canada and the U.S. till the age of 9.
She grew up listening to various kinds of music, from classic to western POP, and during her college years she also composed her own songs as a singer.
Recently she has started to take up bossa nova guitar lessons.

PAGE TOP